Rhodesian diary (マークのポンコツ写真館)

自然や風景、動物やレトロなものなど、心に残ったものを、パチリ!と撮影しています♪ 皆さんヨロシクお願い致します^^

ポピーの数♪  

P5255164 f
パチリ♪          オリンパス E-620



 題 「ざっと1万本ぐらいでしょうか ? 」


応援にポチ!と押して頂けると有難いです♪

にほんブログ村 写真ブログへ
IMGP0486 f
ノーファインダーでパチリ♪             smc PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED 



この写真の状況は、片手でカメラを持って手を伸ばし、セルフ撮りをして、
マークの背中に登って遊んでいる、子ヤギさんをパチリ♪ です (^_^)


別館に、よく見かけるお花を更新しました。 よろしくどうぞ♪ ⇒ マークの別館


ブログにお越しいただき、ありがとうございます♪

にほんブログ村 写真ブログへ 
では、前回に続き、マークが語る慰安婦問題のパート2です。
(前篇をお読みでない方は、パート1から目を通して頂ければ幸いですm(_ _)m)

慰安婦として最初に名乗り出てた金学順さんは、親に40円妓生(キーセン)に売られたと証言しています。
他にも貧しさゆえに、涙ながらに慰安婦になられた方も沢山いたと思います。
また慰安婦として2番目に名乗り出た文玉珠さんは、2年半で26145万円を稼いだそうですが、
当時の日本軍のトップの階級、大将の月収は、550円、大卒の初任給が月収20円、二等兵は月収は8円でした。

現代社会でもそうですが、色々な事情があるにせよ、高額な報酬に惹かれて、
性産業に身を置いく女性が存在するのも確かなのでしょう。(性産業の是非は兎も角として)
また韓国政府が慰安婦の証拠として出した資料にも、(この証拠は韓国に都合が悪くのちに削除された)、
「月収300円以上で朝鮮人業者が「募集」し、前金で3000円支給」、とあり、
米軍が慰安婦から聞き取り調査した公文資料にも、「高収入、多くの女子が、慰安婦業務に応募した」
「月収1000~2000円」「客である兵士と婚姻する例も多数存在した」etc、とありました。
(当時の日本の閣総理大臣は、月給が800円の時代でした。)

それゆえ、韓国の研究家が言うように、当時は高給取りで人気のある商売であった、という側面もあれば、
嫌々ながら性を売る、という女性の人権にかかわる側面もあるでしょう。
しかし、「日本が謝罪をすれば解決する」と考えるのには、厳しい現実が存在します。

なぜなら、金大中大統領が、「一度謝れば韓国は二度と従軍慰安婦のことは言わない」と言い、
日本が謝罪、また別の韓国大統領が同じことを要求し、日本が謝罪、また別の韓国大統領が・・・
(ちなみに韓国は、韓国軍が設置していた慰安所の件に対し、謝罪も補償もしていません。⇒クリック

これは、「日韓基本条約」で、日本が莫大な補償金を韓国に支払い、
韓国政府が、「本条約によって韓国の日本に対する一切の請求の棄却する」と、調印したにも関わらず、
条約締結後も、「対日謝罪請求」や、「対日補償請求」を繰り返している訳ですから、
あきらかな条約違反であり、韓国政府にも少々理不尽なところがあるのではないでしょうか?
個人の口約束ならいざしらず、国家間で結んだ、「条約」の不履行は、国際社会では認められない行為ですから。

ちなみに日本側は、「個人補償」を行うと申し出たの対し、韓国側が、「一括」で支払えれば、
韓国政府がそのお金で、「個人に支払う」としたのに、その補償金を個人に殆ど支払うことなく、
インフラ整備になどに使用し、韓国は有名な、「漢江の奇跡」を達成し、
韓国政府は日本が個人補償で支払った、総額約91億8000万ウォン(当時約58億円)と、
無償協力金3億ドル(当時約1080億円)の、わずか、「5.4%」しか個人補償費に使用しませんでした。

*そもそも1965年、この条約の協議の中で、韓国は、「20万人の慰安婦が強制連行された」とする件に、
一言も触れていません。80年代に入り突然、「強制連行された!」と言い始めた経緯は、Prt1に。

そして韓国政府は、「南北統一後、北朝鮮に韓国が補償金を払うので、その分も要求する」と言い、
日本は北の分も含め補償金を支払いましたが、条約の取り決めを履行せず、自国民にさえ補償金を払わない、
韓国政府の対応を見ると、統一後の北朝鮮に補償金を支払うとは考えにくいと感じます。

また現代日本でも正社員の職に就けず、本人は望まない派遣業しか見つからない。というような例がありますが、
それと同じように、もしマークが女性で貧しさゆえに望まない慰安婦業をやらねばなかったら最悪な気持ちです。

しかし、慰安婦の募集では、強制連行するまでもなく、応募が殺到していたという背景や、
お客を取りすぎていた慰安婦達に、検診をした医師から仕事を休むよう告げられても、
商売にならない!と聞く耳を持たなかった等、商魂たくましい、朝鮮人慰安婦の逸話の数々があるのも事実です。
(その他、多数の逸話は、内容が生々しいので、ここではちょっと書けません。)

ただ、はっきりと言えることは、韓国側は日本に更なる補償や謝罪を求めるよりも先に、
まず日本政府が韓国政府に支払った補償金を、ただちに韓国国民に支給してあげて欲しいという事です。

なお外国で日本のように、旧植民地(日本は併合ですが)に謝罪や補償金を支払った国は皆無であり、
それどころかオランダやイギリスを始め、アジアやアフリカが、植民地支配を脱した時には、
統治していた側が投資した分のお金を、植民地側に請求する例も多く、去年フランス大統領が旧植民地の、
アルジェリア訪問の際に謝罪を要求されましたが、フランス国民の世論は圧倒的多数で謝罪に反対、
仏オランド大統領も、断固謝罪を拒否したニュースは、記憶に新しいと思います。

そもそもフランスやアメリアなどの西洋諸国は、歴史上のことに謝罪をすることはありません。
それは、「植民地支配や侵略、奴隷貿易などは、現代の価値観では非道だが当時は合法」としているからで、
略奪した文化財の返還などにも応じず、返すことがあっても、「貸借」とし、恩は着せても謝罪はしません。
(詳しくは、「植民地 謝罪」などで、検索してみて下さい。)

以上のようなグローバルな国際基準からみれば、謝罪を要求されるたびに頭を下げ続ける日本人は、
少し変わっているかも知れませんが、「しっかりと責任を果たした国」、とも言えるのではないでしょうか?


次回のマークが語る慰安婦問題は、橋本市長の発言を取り上げたいと思います(^_^)

長い文章を読んで頂き、どうもありがとうございましたm(_ _)m

にほんブログ村 写真ブログへ

池の出来事♪  

P1206566 f
望遠レンズでパチリ♪      ズイコーデジタル ED 70-300mm F4.0-5.6


 
 題 「尾行中 ♪」


前回の「慰安婦問題」の続きは、次回お届けさせて頂きます(^_^:)
(一応写真ブログなので、写真を一度はんでみました(^^;))

別館に、子ヤギさんを更新しました。 よろしくどうぞ♪⇒マークの別館


応援にポチ!と、押して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 写真ブログへ

マークが慰安婦の強制連行について語ります。 パート1  

今回のマークの記事は、女性や韓国の方に大変不愉快な気分にさせてしまう、
そういう危険性がありますので、閲覧は自己責任でお願い致しますm(_ _)m
というのも韓国の方が米国各地に、日本軍が慰安婦を強制連行した!という記念碑を建てている。
とのことなので、強制連行や橋本市長の発言を含め、写真はお休みし、マークが反論しようと思ったんです(^_^;
なおマークは、お金で女性の買うことに抵抗があるので、売春等はしたことがないのですが、
「マークさんて女性の人権を無視する酷い日本人なんですね!」と思われてしまう可能性も高く、
少し悩んだのですが、そのリスクは仕方ないと思い記事を書いてみました・・・。

では本題の慰安婦強制連行の件ですが、韓国では安秉直ソウル大学名誉教授と、
反日団体の韓国挺身隊問題対策協議会が3年間調査を行うも、「慰安婦を強制動員した証拠がなく、
元慰安婦とされる人たちの証言についての客観的な資料もなかった」と述べています。

その代わりに、こういう証言は色々とあります。
「日本人が朝鮮の田舎に行って、若い娘たちを奪ってきたと言われますね。
そんなことはあり得ないです。もしそんなことをしたら誘拐犯ですし、
懲役刑を受けることになります。いや、法律の問題以前に、
村の人たちにめちゃめちゃにやられてしまいますよ。
またそんなことがあれば、必ず私の耳にも入ってきたはずです。
でも、そんな話も噂も一度も聞いたことがありません。これはね、
当時朝鮮に住んでいた日本人の名誉にもかかわることです。
警察署長も朝鮮人でしたし、裁判所の判事、検事などにも朝鮮人がいました。
朝鮮総督府では、局長、部長、課長にも朝鮮人がいました。
もちろん警察官は、朝鮮人だろうと日本人だろうと同じ権限を持っていました。
そういう状況下で女狩りが堂々と行なわれ、一人として問題にする者がいなかったなんて、あり得ないことです。
全人口の一%にすぎない日本人が、そんなに悪いことをして安全に生きられたわけがないんです」
(引用終わり)

韓国人大学教授 崔基鎬さん
「もう韓国のためでも、日本のためでもなく「事実」を話したいと思います。それは相当な覚悟が必要です。
生命の危険も覚悟しています。しかし、これは私の使命であると信じています。
私はソウルに住んでいました。 その当時の韓国人は「日本人以上の日本人」でした。
「親切でやさしい日本人」という印象を必死に消すために「反日」を 指導者はそそのかしてきました。
韓国と日本の歴史教育を比較すると、 日本が10%の歪曲といえば 韓国は90%が歪曲です。
朝鮮末期の正常ではない(で)政治腐敗を教えず、日本が関与しなければ独立ができたことのように使われています。

韓日合邦によって教育・医療・工業・社会インフラが整備され、 近代国家の基礎が出来たことは明らかです。
その実績を「日本帝国主義の侵略政策の産物だ!」と糾弾する韓国にはあきれます。
より一層「日帝が民族産業を停滞させた!」 という主張にはコメントする気持ちもなくなります。
民族産業を殺したのは朝鮮王朝です。 近代化を主張する先進的な思想家は反逆者とし、親族までも処刑されました。

韓国人は「日帝の虐待! 性奴隷!」と叫んでいますが、私は信じることができません。
歴史の真実を知っているためです。朝鮮語で言う「地獄」でした。
それは大韓帝国時代になっても同じでした。1904年、日本は朝鮮の惨状を救うために、財政支援を決断します。
例えば1907年度、朝鮮王朝の歳入は748万円だったが、歳出は3000万円以上でした。
その差額は日本が負担していました。 1908年にはより一層増加し、3100万円を支出しています。」
(引用終わり)

また当時の日本軍には日本の士官学校を卒業した、朝鮮出身の将校が沢山存在し、
現に戦後の韓国陸軍のトップである歴代の参謀総長は、第一代から十二代まで、
ずっと元日本陸軍の士官学校卒業者が歴任していました。
そして現パク韓国大統領のお父さんも、日本陸軍将校でしたが、
このように朝鮮出身の指揮官が多かった日本軍が、本当に人狩りを命令できたのでしょうか?
何より、朝鮮人出身の日本陸軍、洪思翊(ホン・サイク)中将は、人格見識とも第一級の人物であり、
残念ながら洪中将は連合軍に処刑されてしまいましたが、マークは本当に惜しい人物だったと思っています。
(洪中将は連合国軍からの厳しい詰問に対し、軍人として弁解することを潔しとせず、自らについては、
一切の証言を拒否するかわり、他の日本軍の戦犯被告人を弁護するためには積極的に証言を行いました。)

また1983年に「吉田清治」なる元日本兵が、「私の戦争犯罪」という本を出版し、
自分が強制連行をしたと主張しましたが、韓国の新聞が現地の村民に取材を行い、
そのような事実がなかったと判明しています。 そもそもに「吉田清治」の記事を、
83年に朝日新聞が報道するまでは、終戦後の1945年から1983年の間までは、
韓国国内では、「慰安婦の強制連行説」は存在せず、抗議もなかったではありませんか?

しかも、「吉田清治」は後に、「本の内容は創作だった」と認めたにもかかわらず、
朝日新聞は記事を訂正することはなく記事を書き続け、韓国語に翻訳された吉田の本が、
韓国で大反響となり、それを元にドラマ作られ、繰り返し上映されるうちに、
現在では20万人の慰安婦が日本軍により強制連行されたというのが、韓国政府の公式会見になってしまいました。

そして各種出版物や、インターネット等でお調べになれば分かると思いますが、
肝心の元慰安婦の方々の証言が、公演場所や証言時期が変わるたびに、
同一人物の慰安婦の人なのに、コロコロと証言内容が変わってしまっています。
はたして強制連行の目撃証言も得られていない中で、「20万人の慰安婦を強制連行された」
とする具体的な根拠はどういうものなのでしょうか? 

ちなみに韓国では2012年になり、
「吉田清治の本一冊だけでも、日帝の慰安婦強制連行が立証されるのに十分である」
と主張し始めていますが、上記のように吉田の本は、韓国の済州新聞、日本大学の秦郁彦教授による現地調査で、
吉田本人が認めるように、「捏造本」であったことが明らかになっています。

また「大韓民国国定教科書」には、「数十万人の朝鮮女性が強制的に慰安婦にされ」とありますが、
これらの韓国政府の公式見解について、李栄薫ソウル大学教授は、
1946年当時の16歳から21歳の朝鮮女性は125万人であり、この数値は正しくないと指摘しています。

そして、ベトナム戦争に出兵した韓国軍が行った、フォンニィ・フォンニャットの虐殺、
ハミの虐殺、ゴダイの虐殺、タイビン村虐殺事件、タイビン村虐殺事件、タイヴィン虐殺、
「ライダイハン」と呼ばれる、韓国軍兵士のベトナム女性のレイプetc
色々な戦争犯罪がありましたが、ベトナムに補償も謝罪もしていない韓国と異なり、
日本は「国家賠償から個人補償まで、「日韓基本条約」で最終的かつ完全に解決しています。(協定第二条1)」
日本が韓国へ行った、「補償と謝罪」の内容については、ぜひこちらのサイト様をご覧になって下さい。⇒クリック

また92年朝日新聞が「慰安所に日本軍が関与」と、なぜか宮沢首相の訪韓5日前に大々的に記事を掲載し、
宮沢首相は韓国で大バッシング、それ以降日本は謝罪外交を展開することになりましたが、
その朝日新聞の、「軍の関与を示す資料を発見」という資料の、日本軍の命令内容は、
「誘拐まがいの募集をする朝鮮人業者がいるから軍は注意せよ。」、というものでしたが、
(陸軍省兵務局兵務課起案、北支那方面軍及び中支那派遣軍参謀長宛)
その後も悪徳業者が、人さらいのようにして女性を連れてきた事件があり、業者が警察に検挙さたと、
当時の新聞にも資料として残っていますが、それらの記事を見ても経営者は朝鮮人の方ばかりの現状です。
(当時の殆どの慰安所や妓生、置屋等の風俗業は、朝鮮人の方々が経営をされていました。)

そして倫理的に売春が正しいのか?という議論は別として、少なくても当時の日本では公娼制度として、
売春が合法であり、併合前の李氏朝鮮時代でも、「妓生制度」という売春制度があり合法でした。
ただ韓国の場合は15歳未満の女子も身売りされていましたが、併合後は日本がそれを禁止させました。
この妓生(キーセン)は2004年になり初めて、韓国議会で売春を違法とする法改正を行うまで合法でしたし、
2004年後からは、この韓国政府の規制に反対し、たびたび売春婦の方々がデモを行っております。

また04年を境に韓国女性の売春による海外進出が盛んになり、2010年に行われた韓国の、
国会国政監査の報告では、日本、米国、カナダ、豪州、タイ、台湾、インドネシア、グアム、ロシアetc、
など世界中で韓国の女性が売春を行っており(詳しくは「売春輸出大国」などで検索)ソウル大学国際大学の、
チョン博士によると、韓国国内の風俗店で働く女性の数は189万人であると指摘しています。


慰安婦問題については、どうしても文章が長くなってしまうので、後編は近日公開にしたいと思います。
(特に後編を待っていて下さる方は、あんまりいらっしゃらないと思いますが(涙))


非難を浴びそうな記事は承知していますが、ポチ!と押して頂けたら嬉しいです(^_^;

にほんブログ村 写真ブログへ

廃墟写真               シリーズ24  

IMGP2711 f
1年位前に撮った、とある廃墟。




外壁に残るのは、米軍の攻撃を避けるための「迷彩塗装」。
この建物には、戦争の記憶が刻まれていました。


応援にポチっと押していただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村 写真ブログへ

菜の花の段々畑♪  

P4077322.jpg
菜の花をパチリ♪         オリンパス E-520   ズイコーデジタル 14-54mm F2.8-3.5 II



BS朝日 2013年5月11日(土) 20時00分~20時54分
~鳥の目で見た「軍艦島」日本最古の高層住宅の秘密~

軍艦島に興味を持つ人は、なかなかいないと思うのですが、
マークは軍艦島で写真を撮ってみたい人なので、

今からちょっと楽しみな番組です (^_^)



別館に、水滴とお花を更新しています。 よろしくどうぞ♪⇒マークの別館

応援にポチ!と押して頂けると有難いです♪

にほんブログ村 写真ブログへ

マークのつぶやき      N0.17  

IMGP0067 f
シャクナゲのお花をパチリ♪     ペンタックス K20D  smc PENTAX-D FA マクロ 100mm F2.8 WR




インタビュアー 「マークさんはどちらにお住まいですか?」

マーク  「現在は、パリ在住です」 

(すみません。本当はパリには縁もゆかりもないんですが、ただ何となくです(^_^;))



別館に、水滴とお花を更新しました(^_^) よろしくどうぞ♪⇒マークの別館

応援にポチ!と押して頂けると有難いです♪
にほんブログ村 写真ブログへ

子ザルの兄弟かな!?  

P5273268.jpg
35換算 600mm手持ち       ズイコーデジタル ED 70-300mm F4.0-5.6



野生の子ザルさんが、楽しそうに木に登っていました(^_^)



いつもブログにお越しいただき、どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 写真ブログへ 

人物スナップです♪  

絵描きのおじさん(^_^)
           オリンパス E-30   ズイコーデジタル 14-54mm F2.8-3.5 II



  題 「緑の新緑と、赤いエドウイン (^_^)」



マークは、絵心が皆無なので、絵描きの人が羨ましいです(^_^;


別館に、モノクロ写真を更新しています。 よろしくどうぞ♪ ⇒ マークの別館

ブログにお越しいただき、ありがとうございます♪

にほんブログ村 写真ブログへ 

▲Page top